建物状況調査のメリット

建物状況調査を既存住宅状況調査技術者(建物インスペクター)に依頼し、建物状況調査報告書を作成することは、建物にかかわる以下の人たちにとって、メリットがあります。

建物購入者(買主):

  • 建物の状況を把握することで、今後の修繕計画を立てることができる。
  • 売買価額との関係を仲介業者に交渉できる。(「住宅査定書」を追加作成することで、「建物状況調査報告書」の内容が住宅査定価額に反映されているため、売主や仲介業者の提示している売買価額との関係性を考量しながら交渉できる。)
  • 入居後に欠陥が判明した場合、修繕にあたって売主や仲介業者とトラブルになる可能性があるが、これを回避できる。
  • 大きな欠陥があれば、そもそも購入しない。

売主・仲介業者:

  • 建物状況を明確にすることで、後々のトラブルを回避でき、取引がスムーズになる。
  • 第三者の調査を入れることで、意図的に欠陥を隠しているわけではないことを証明できる。(「住宅査定書」を追加作成することで、「建物状況調査報告書」の内容が住宅査定価額に反映されているため、売主や仲介業者が提示している売買価額との関係性を買主に明瞭に説明することが可能となり、信頼性が高まる。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です